鯛の巣山(志努坂野)

たいのすやま(しぬざかぬ)

イザナミ命がお産をされた「めでたい山」

紹介

大万木山を中心とする南西から北東に連なる頂稜の東端にある山で、麓の阿井地区から見る姿は独立峰のようですが、背後は毛無山へと稜線の連なる縦走可能な山になっています。古事記によればイナザギ命とイザナミ命がこの地に降臨され、イザナミ命が身ごもられました。このお産をする際に七日七夜岩穴に籠られ、お産をされたと伝えられます。このときお生まれになったのが、天照大神、月夜神、スサノオノミコトです。この「めでたい」をとり「鯛の巣山」と名づけられました。
登山道は整備されていて、3合目に鯛流水、清流水、6合目にこうもり岩、ブナ・ミズナラなどの林を抜けると山頂からは中国山地の大パノラマが広がり、目の前には「猿政山」が望め、神話の里の風景が広がります。

  • 画像

基本情報

観光目安 標高1026.4m

交通情報

所在地
島根県仁多郡奥出雲町上阿井
車での行き方
JR出雲三成駅から車で20分
駐車場
あり

お問い合わせ

TEL 0854-56-0001(阿井公民館)

一覧へ戻る

RECOMMENDED ARTICLES

この記事に関連する情報

もっとみる