要害山 三沢城跡

ようがいざん みざわじょうあと

自然の要害を利用した城

紹介

鎌倉、戦国時代に14代280余年にわたり、出雲国人で最も勢力を誇った、三沢氏の居城 「要害山」。
標高419mの突出した山容は、まさに自然の要害を利用した城で、県内では中世山城を代表します。
石垣をはじめ、城跡の遺構が、毛利と尼子のはざ間に生きた戦国武将の栄枯盛衰を今に伝えています。

  • 画像

交通情報

所在地
島根県仁多郡奥出雲町河内36
車での行き方
JR出雲三成駅から車で10分
駐車場
あり

お問い合わせ

TEL 0854-54-0331(三沢公民館)

一覧へ戻る

RECOMMENDED ARTICLES

この記事に関連する情報

もっとみる