トロッコ列車と奥出雲周遊 日帰り旅行

とろっこれっしゃとおくいずもしゅうゆう

奥出雲たっぷり満喫日帰り旅行

  • 会員
  • 星3つ

紹介

今年もこの季節がやってきました。奥出雲おろち号木次線トロッコ列車に乗った後は、自然豊かで歴史深い奥出雲をバスでまわり、お買い物も楽しめる日帰りツアーです。

【おすすめポイント!】

▼道の駅奥出雲おろちループ
標高約700mにある道の駅。また、ここからみる景色は格別!新緑の時期、紅葉の時期、いろんな表情を見せてくれます。

▼仁多米食堂(奥出雲サイクリングターミナル)での昼食
リニューアルオープンをした「奥出雲サイクリングターミナル・仁多米食堂」での昼食をお召し上がりいただけます。

▼奥出雲讃菓「松葉屋」のお菓子
奥出雲に来たら一度は食べたいのが松葉屋の「噂の生どら」です。県外のファンも多く、ふわっとした生地に、生クリームを使用した生どらは、一口ほおばれば、幸せな気分になります。フルーツをそのまま使い、春はイチゴ、夏はブルーベリー、秋はイチジクなど、地元奥出雲で採れるものばかりです。年間6種類程度、季節の商品が発売されます。

▼稲田神社
八岐大蛇退治に登場するスサノオノミコトの妻「イナタヒメ(クシナダヒメ)」の生誕之地とされる稲田地区に建つ神社です。

▼鬼の舌震
大馬木川の侵食によりつくられた約2kmにわたるV字型の大渓谷。高さ45m、長さ160mの“恋”吊橋とバリアフリー遊歩道が全開通して、マイナスイオン たっぷりの中を散策できます。オススメは、「舌震亭」で売られている「鬼のはなくそ」!散策した後に食べたらもっと美味しく感じるかも。

  • 画像

基本情報

料  金 大人 10,000円・子供 8000円(木次駅発着)※松江、斐川IC、出雲市駅発着は+1000円
期  間 2022年5月22日(日)、5月29日(日)、7月24日(日)、8月19日(金)
定  員 20名
最少催行人数 16名
備  考 ※旅行代金は、JR木次駅発着の場合、大人1名10,000円、小人8,000円となります。JR松江駅、斐川高速バス乗り場、JR出雲市駅は、1,000円追加となります(大人小人同額)
※利用交通:JR 奥出雲おろち号木次線トロッコ列車 / バス 仁多観光

行程表

8:00  JR松江駅
8:40  斐川高速バス乗り場
9:00  JR出雲市駅
10:08 JR木次駅

-----奥出雲おろち号木次線トロッコ列車乗車----

12:08 JR三井野原駅
12:15 道の駅奥出雲おろちループ
13:10 仁多米食堂(奥出雲サイクリングターミナル)
14:00 奥出雲讃菓「松葉屋」
14:40 稲田神社
15:15 鬼の舌震散策

道の駅おろちの里経由

17:00 JR木次駅
17:30 JR出雲市駅
17:50 斐川高速バス乗り場
18:30 JR松江駅

一覧へ戻る