出雲工藝

いずもこうげい

紹介

中国山地のふところにある島根県奥出雲町は、古くから「たたら製鉄」と「雲州算盤(そろばん)」の製造が盛んな地でした。
出雲工藝創業者は、もともと雲州算盤の職人で、その確かな算盤製造の技術を活かし工芸品の制作を始めました。無垢材(むくざい)にこだわり、中でも老松、黒柿、けやき、栗、ナラなどの和材を中心に伝統の工芸品を制作し、「銘木」と言われる物の中から材質が特に優れたものを選りすぐり使用しています。
そして、国産材、しかも中国地方産材を主として使用します。
国産材は、歳月とともにそれぞれの色合いが変化し風合いが増して、その家の風土に馴染んでいきます。
工芸品は奥出雲銘木製品として、「奥出雲で唯一」島根県ふるさと伝統工芸品に指定されています。

  • 画像

基本情報

営業日時 9:00~17:00
休業日 土・日曜日・祝祭日

交通情報

所在地
島根県仁多郡奥出雲町中村296-1
駐車場
あり

お問い合わせ

TEL 0854-52-0330
FAX 0854-52-0360
メールアドレス info@izumokougei.com
Webサイト http://izumokougei.com

一覧へ戻る

RECOMMENDED ARTICLES

この記事に関連する情報

もっとみる