• トップページ
  • 自己紹介
  • 志と夢
  • 政策
  • 一緒に
  • ご意見・ご要望

農林畜産業・商業・工業が、元気に。

農林畜産業・建設業の総生産額は、10年間(平成9〜19年)で37億円減

産業の衰退は働く場所がなくなること。
働く場所がなくなることは住む人がいなくなること。
産業が元気になることは、
奥出雲が元気になるための絶対条件です!

経済が循環する奥出雲
  • 町内各地区での買い物の拠点づくり、強化を図ります。
  • 町内共通の買い物・公共料金ポイントカードの発行を検討します。
  • 持続可能で魅力ある若手事業者を育成し、集中投資を行います。
  • 仁多庁舎改築事業など町内での県・町事業において、町内建設業者、職人を優先的に選定し、町内物品を優先的に使用します。
  • 奥出雲産材、町内事業者によるモデル住宅プロジェクトを検討します。
強みを活かした奥出雲
  • そばをモデルとし、農と食が融合された「食の奥出雲」ブランド確立のため、飲食店および食品製造・加工業を重点的に支援します。
  • 仁多米の海外輸出の実現により、減反から増反への転換を行います。
  • 隠岐牛をモデルとした奥出雲仁多牛のブランド化を目指し、研究拠点を開設・誘致し、牛価格の上昇を図ります。
  • スポーツ・文化・自然・農業合宿を誘致し、宿泊者・交流人口増加へつなげます。
  • 椎茸、舞茸に続く茸・野菜産地を確立し、農家の販売・営業支援を行います。
  • 学校給食で現状11%となっている町内産食材を積極的に利用します。
  • 女性の雇用の場の確保、定年後世代の仕事・起業を支援します。
会社をつくるなら農業するなら奥出雲
  • 既存ものづくり業・農家との連携を強化し、町外・国内外のへの展開支援、合同営業会社・拠点の新設を行います。
  • 役場産業振興課の創設、県・商工会との共同事業による事業者支援を行います。
  • 新規起業者、町出身者のUターン起業へのヒト・モノ・カネを支援します。
新しい産業を産む奥出雲
  • 地域住民やNPOによる地域事業活動(コミュニティビジネス)・社会貢献事業(ソーシャルビジネス)への支援を推進します。
  • 「稲田神社」「八重垣神社跡・鏡が池」「吾妻山」「鬼の舌震」等の「恋人の聖地」への認定申請、美肌全国一の島根・三大美肌温泉を活かし、女性を狙いとした産業を新たに振興します。
  • 木質チップバイオマス、小水力利用により、町内電力の100%自給化を目指します。
  • 町民が、元気に。
  • 農林畜産業・商業・工業が、元気に。
  • 教育が、元気に。
  • 議会・役場が、元気に。

ツイッターで日々つぶやき中!

ブログも日々更新中!